高度データ関連人材育成コンソーシアム(早稲田大学代表コンソーシアム)

~「データ関連スキル x 高度な専門性」 人材の重点育成~

文部科学省 平成29年度データ関連人材育成プログラム

  • TOP>
  •  ビジネス系科目 >
  •  イノベーションとテクノロジー基礎 β:人工知能・先端ロボットテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ

ビジネス系科目

イノベーションとテクノロジー基礎 β:人工知能・先端ロボットテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ

本科目は早稲田大学Global Education Center の正規科目です。
本学の学生はコースナビを通じて、科目履修期間中に科目登録を行うことが必須であり、定員を設けているため定員オーバー場合は選抜されます
なお、本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください
1、定員を超えた場合は受講できない可能性があること
2、遠隔授業は行われないこと
3、参画機関・連携機関に所属しない社会人は受講できないこと
※参画機関・連携機関に所属する社会人の場合は手続きを経て受講できる可能性があります。受講を希望する場合はこちらからお申し込みください。

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップに興味のある学生に、シリコンバレーで活躍しているアントレプレナーらのビジネスのスタートアップの実例を学ばせ、さらに、デザイン思考やバックキャスティング思考を学ばせるとともに、テクノロジーベースの新規事業の立ち上げの際に留意することなどをゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。全ての講義はインタラクティブな講義とする。

■担当教員:朝日 透/樋原 伸彦/牧 兼充
■単位数:1
■講義日程(*ゲスト講師は順次決定):

第1回 6月13日
第2回 6月20日
第3回 6月27日
第4回 7月4日
第5回 7月11日
第6回 7月18日
第7回 7月25日
第8回 8月1日

■シラバス:

<学部生用>
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090102830120189S090102839S&pLng=jp
<大学院生用>
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S910100210120189S910100219S&pLng=jp

(参考)2017年度ゲスト講師

第1回 朝日、ゲスト:中山五輪男 (ソフトバンクロボティクス株式会社首席エヴァンジェリスト) 人工知能がビジネスを変える
第2回 朝日、ゲスト:松倉大士 (株式会社ispace technologies Chief Mission Officer) 宇宙ビジネススタートアップ:ベンチャーのスペーステクノロジーへの挑戦
第3回 朝日、ゲスト:澤谷由里子 (東京工科大学教授) デザイン思考のススメ
第4回 朝日、ゲスト:脇谷勉 (Honda イノベーションラボ Tokyo上席研究員) 人工知能と自動車産業1
第5回 朝日、ゲスト:Prof. Dr. Bernhard Sendhoff, President, Honda Research Institute Europe/Professor, Technical University of Darmstadt, Germany/Honorary Professor, School of Computer Science, University of Birmingham, UK @HondaイノベーションラボTokyo 人工知能と自動車産業2
第6回 樋原、ゲスト:武田隆太 (Leave a Nest America Inc. President) 結果的にイノベーション
第7回 樋原、ゲスト:前田祐二郎 (東京大学 医療イノベーションイニシアティブ 特任助教) シリコンバレーとバイオデザインプログラム
第8回 樋原、ゲスト 竹井悠人 (株式会社bitFlyerソフトエンジニア) フィンテックって何だ?

< 受講申込み方法 >

◆早稲田大学の学生

早稲田大学学生は必ずコースナビから科目登録を行ってください。

申込みは締め切りました

◆ポスドク・他大学生

本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください

  • 1、定員を超えた場合は受講できない可能性があります
  • 2、遠隔授業は開催されません

申込みは締め切りました

◆社会人(参画機関・連携機関のみ)

本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください

  • 1、定員を超えた場合は受講できない可能性があります
  • 2、遠隔授業は開催されません
  • 3、参画機関・連携機関に所属しない社会人は受講できません

受講申込はこちら