• TOP>
  •  データエンジニアリング系科目 >
  •  領域別コース:人工知能とその応用コース(産総研・早大連携)

人工知能とその応用コース(産総研・早大連携)

人工知能とその応用コース(産総研・早大連携)

近年、インターネットや計算機の発達により、種々のデータが大量に収集可能な環境が整備され、ギガ・テラサイズのデータが現実的な時間内で分析されるようになった。その結果、知的な情報処理を行うシステム、いわゆる人工知能が発達し、これまでに人が担ってきた知的業務をコンピューターが行う世界が現実味を帯びてきている。本コースは、このような人工知能に関して、産業技術総合研究所・人工知能研究センター の研究員を講師に招き、最新の研究事情を混じえて人工知能の基礎や応用を学ぶことができるコースである。
本コースの基礎科目である「人工知能概論」では、人工知能を取り巻く環境(開発・法・国際環境など)の話を通じて、人工知能の概略や技術の基礎を学ぶ。応用科目である「人工知能とその応用α:エージェント」「The Application of Artificial Intelligence β: Natural Language Processing (NLP)」では、特定の問題を解く人工知能を題材に、最新の研究事例を踏まえながら、その分析技術やその応用技術を学ぶ。

人工知能概論

■授業概要:

▪ 本授業では人工知能の研究開発の歴史を学ぶとともに、人工知能技術の基礎となる知識を、産業界の開発動向、自動運転を含む法令や政策動向、人工知能を巡る国際的な動向などを通じて学びます。
▪ 本授業の講師は産業技術総合研究所・人工知能研究センター 副センター長:市川類博士、上席イノベーションコーディネーター:杉村領一博士です

■履修のための要件:

▪ 本授業は人工知能の知識や技術を持っていない人でも受講可能です。

人工知能とその応用α:エージェント

■授業概要:

▪ 本授業では、ある目的を達成させるために自律動作するエージェントをうまく配置した人工知能である知的エージェントやマルチエージェントシュミレーションを学習します。産業総合研究所・人工知能研究センターの研究員が取り組んでいるいくつかの研究事例を題材に、演習などを通じて知的エージェントやマルチエージェント技術の応用力を学びます。
▪ 本授業の講師は産業技術総合研究所・人工知能研究センター総括研究主幹:野田五十樹博士、主任研究員:櫻井祐子博士です

■履修のための要件:

▪ 「人工知能とその応用コース :人工知能概論」を履修し、人工知能技術の基礎をすでに習得していることが求められます。

The Application of Artificial Intelligence β: Natural Language Processing (NLP)

■授業概要:

▪ 本授業ではパラメーター推定、アルゴリズム探索や再帰型ニューラルネットワークによる文法モデルといった技術の融合である自然言語処理(NLP)を学びます。産業技術総合研究所における最新の研究紹介を通じて、近年発展した重要な分析アプローチについて知ることができます。
▪ 本授業の講師は産業技術総合研究所人工知能研究センター の研究員:Pascual Martinez-Gomez博士とBevan Keely Jones博士です。

■履修のための要件:

▪ 「人工知能とその応用コース:人工知能概論」を履修し、人工知能技術の基礎をすでに習得していることが求められます。また、本授業は全て英語で行われるため、「機械学習コース:Machine Learning for Advanced Integrated Intelligence α」を履修し、機械学習の基礎技術に関する英語に慣れ親しんでおくことを強く推奨します。