• TOP>
  •  ビジネス系科目 >
  •  起業特論B:企業内新規事業開発

ビジネス系科目

起業特論B:企業内新規事業開発

本科目は早稲田大学Global Education Center の正規科目です。
本学の学生はコースナビを通じて、科目履修期間中に科目登録を行うことが必須であり、定員を設けているため定員オーバー場合は選抜されます
なお、本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください
1、定員を超えた場合は受講できない可能性があること
2、遠隔授業は行われないこと
3、参画機関・連携機関に所属しない社会人は受講できないこと
※参画機関・連携機関に所属する社会人の場合は手続きを経て受講できる可能性があります。受講を希望する場合はこちらからお申し込みください。

■授業概要:

・企業が生き残るためには、絶えざる成長と、競争に対する防衛が必要です。長期的な競争力の維持はイノベーションと新規事業の創出なしにはありえません。しかし、多くの失敗事例が示すように、そこには困難さがつきまといます。どうしたら企業における新規事業は成功するのでしょうか?授業では、新規事業にかかる理論的な背景、ベンチャーとの相違点を学ぶとともに、総合商社やリーディングカンパニーにおける新規事業化への具体的な取組を取り上げます。現場で活躍されているゲストを招聘して、他では聞くことのできない貴重な経験談や今後の企業のあり方などを学びます。ゲスト講師からは、受講者に、企業がかかえる課題等についての「問い」を投げかけていただき、議論を交えながら進めていきます。企業は新規事業を開発・創造できる人材を求めています。本授業は、「いかに企業内で 新規事業を立ち上げられる人材になるか」に問題意識を持つ学生にとっても役立つ授業となります。

■担当教員:朝日 透*1/小島 信明*2/島岡 未来子*3

*1朝日 透(理工学術院教授、博士キャリアセンター長、WASEDA-EDGE人材育成プログラム事務局長)

*2小島 信明(地域・地域間研究機構 グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所 客員上級研究員/研究院客員教授) 三菱商事での42年間、食料・製鉄・地球環境分野を担当。10年間のイラン駐在後、グループのトップとして「将来の収益の柱」となり得る新規事業分野の特定・開発を任され、新規事業立ち上げを担った。これまでに環境・次世代エネルギー・水事業の3分野を特定し、100件以上の役員審議案件を通し、数千億円の投融資を実行した。常務執行役員、常勤顧問、早稲田大学研究戦略センター上席研究員・研究院教授、総長室参与を経て、現在早稲田大学地域・地域間研究機構 グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所 客員上級研究員(研究院客員教授)、日立製作所上席顧問などを務める。グローバルな視点での戦略立案、人材育成、新しい事業やシステムの立ち上げに国内外を奔走している。受講生の皆さんへのメッセージ「この授業は、新規事業というテーマを通じて、これから実社会に出て行く皆さんが、どんな状況に於いても、生き残るための実践的なスキルを身につけ、社会に対して常に問題意識を持ち、何かに果敢に挑戦する人間になってもらう一助になればという想いで、行なっているものです。」

*3島岡 未来子(研究戦略センター准教授)>2013年早稲田大学公共経営研究科博士課程修了、公共経営博士。2011年(公財)地球環境戦略研究機関特任研究員、2011年早稲田大学商学学術院早稲田ビジネススクール研究センター助手。 2014年から早稲田大学研究戦略センター准教授。WASEDA-EDGE人材育成プログラム事務局長代行/ (一財)生涯学習開発財団認定コーチ

■単位数:1
■講義日程:

第1回 6月11日 オリエンテーション(本講義の目的と概要) 担当:島岡、朝日
第2回 6月18日 商社における新規事業の立ち上げ(1) 担当:小島
第3回 6月25日 商社における新規事業の立ち上げ(2) 担当:小島
第4回 7月9日 商社における新規事業の立ち上げ(3) 担当:小島 
ゲスト:黒田康彰(三菱商事株式会社)
第5回 7月9日 TDKにおける新規事業開発 ゲスト:佐藤俊弥(TDK株式会社 技術知財本部TDK MAKER DOJOの道場長)
第6回 7月16日 デンソーにおける新規事業開発 ゲスト:成迫剛志(株式会社デンソー デジタルイノベーション室長)
第7回 7月23日 JR九州における新規事業開発 ゲスト:赤木由美(九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 営業部長兼サービス部長)
第8回 7月30日 新規事業を開発できる人材とは(エマージングテクノロジーズ) ゲスト:深澤知憲(株式会社エマージングテクノロジーズ代表取締役社長)

■ゲスト講師:
  • (1)黒田康彰(三菱商事株式会社)
  • (2)佐藤俊弥(TDK株式会社 技術知財本部TDK MAKER DOJOの道場長)
  • (3)成迫剛志(株式会社デンソー デジタルイノベーション室長)
  • (4)赤木由美(九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 営業部長兼サービス部長)
  • (5)深澤知憲(株式会社エマージングテクノロジーズ代表取締役社長)
■シラバス:

<学部生用>
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090103060120199S090103069S&pLng=jp
<大学院生用>
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S910100050120199S910100059S&pLng=jp
<ポスドク・社会人等>
上記学部生用・大学院生用のシラバスに最新情報が掲載されますので、いずれかをご参照ください。

■会場:早稲田大学3号館306教室

< 受講申込み方法 >

◆早稲田大学の学生

早稲田大学学生は必ずコースナビから科目登録を行ってください。

申込みは締め切りました

◆ポスドク・他大学生

本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください

  • 1、定員を超えた場合は受講できない可能性があります
  • 2、遠隔授業は開催されません

申込みは締め切りました

◆社会人(参画機関・連携機関のみ)

本学学生以外は今年度は以下のことをご了解ください

  • 1、定員を超えた場合は受講できない可能性があります
  • 2、遠隔授業は開催されません
  • 3、参画機関・連携機関に所属しない社会人は受講できません

申込みは締め切りました