• TOP>
  •  特別セミナー >
  •  マテリアルズ・インフォマティクス入門:実践セミナーの開催

マテリアルズ・インフォマティクス入門:実践セミナーの開催

マテリアルズ・インフォマティクス入門:実践セミナーの開催

バイオ・インフォマティクスやケモ・インフォマティクスが遺伝子工学や創薬科学の進展に寄与し、新しい研究やビジネスの創成に貢献するようになっている状況の中、現在、材料科学と情報科学の融合研究領域として、マテリアルズ・インフォマティクスが様々な国内外の学会や産業界、とくにわが国の産業競争力懇談会(COCN)で注目を浴びつつあります。
産学官界では、専門を分子設計、無機・有機合成、新物質創成、新機能性材料などモノづくりに関連する研究・開発に取り組んでいる大学院生や若手研究者が、今後、マテリアルズインフォマティクスの知識と技倆を習得し、実習することで新しい視座に立ったモノづくりの一つの方法論を学ぶ機会を得ることの重要性を指摘しています。とくに、蓄エネルギーや省エネルギーに資するエネルギー材料、高機能・高効率アクチュエーター材料、高磁性モーター材料、バイオセンサー材料などの新規材料開発への関心は高まっています。

今回、早稲田大学高度データ関連人材育成(D-DATa)プログラムが主催、(国研)物質・材料研究機構(NIMS)情報統合型物質・材料研究拠点(CMi2)、リーディング理工学博士プログラム、実体情報学博士プログラム、博士キャリアセンターが共催となり、「マテリアルズ・インフォマティクス入門:実践セミナー」を下記の通り、開催することとなりました。

受講対象は、博士学生、ポスドクを含む若手研究者に加え、博士課程の進学を決めている学部生の参加も認めます。

なお、参加の要件は、「パイソンの基礎スキルを有していること」です。
さらに「anaconda/Python3.7version最新版」をインストールしたPCを持参することを必須とします。

申込みは締め切りました
■主 催:

早稲田大学 高度データ関連人材育成プログラム(D-DATaプログラム)

■共 催:

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)情報統合型物質・材料研究拠点(CMi2)
早稲田大学 リーディング理工学博士プログラム 実体情報学博士プログラム 博士キャリアセンター

■日 時:

1月12日(土)10:30-16:30 *PC動作確認などするので、10:00に会場に集合とします。

■会 場:

早稲田大学理工学部キャンパス(西早稲田キャンパス)  52号館301教室

■参加対象:

本学及びD-DATaプログラム参画機関の大学の博士学生、ポスドク、若手教員、及び博士課程進学を考えている修士学生と学部生

■参加要件:

以下を必須とする。
・パイソンの基礎スキルを有していること
・anaconda/Python3.7version最新版をインストールしたPCを持参すること
※実習では「Jupyter Notebook」を用います。ハンズオンで用いる資料はこちらからダウンロードしてください。

■参加費:

3,000円 *納入方法は参加申し込みを済ませた方へ連絡します。

■参加締切:

2019年1月8日(火)11:00

■定 員:

20名 *参加申し込みの際に参加動機を記入して下さい。定員オーバーとなった際は、その参加動機などによって参加の可否を決定することとなります。

■持参するもの:

「anaconda/Python3.7version最新版」をインストールしたPC

■オーガナイザー:

朝日透(早稲田大学理工学術院教授・博士キャリアセンター長・D-DATaプログラム実施責任者)

■講 師:

知京豊裕 (NIMS・CMi2副拠点長・早稲田連携大学院教授)/木野日織 (NIMS・MaDIS材料データ科学グループ主任研究員)

■プログラム:
10:00 集合
10:00-10:30 PC動作確認及びアイスブレイキング 朝日透
10:30-12:00 マテリアルズ・インフォマティクス概論 知京豊裕
12:00-13:00 昼食
13:00-14:00 機械学習概論 木野日織
14:00-16:30 機械学習ハンズオン 木野日織
17:00-18:00 アナウンスメント「2019年度開講のマテリアルズ・インフォマティクスα・β」・交流会
申込みは締め切りました